Cell & Photon Medical Science Lab

21世紀の補完医療「バイオフォトン療法のラボ」2022年3月22日、大阪にオープン。補完医療30年の実績に「細胞・光子・食材を利用して難病改善を」テーマとし新たにバイオフォトン医療を加えた新規事業のCell & Photon Medical Science Labを大阪に開設しました。

スタップ

■スタッフ紹介 左寄り 理学療法士・尻江光一氏 山本拓氏  理事長 山本英夫

人体の基本分子と宇宙素粒子・フォトン利用セラピーを推進

目に見えない医学の重要性を謳う西洋医学(現代医学)は、「体によくないものは取ってしまえ」といういたって単純な考え方をします。熱が出れば、解熱剤を処方しますし、咳が出れば、咳止め薬を処方するのが一般的な治療法です。ところが、当、ラボの考え方は違います。例えば、東洋医学は、体の悪い部分だけを見るのではなく、体全体を調整して体の内側から根本的に治す治療法です。さらに西洋医学では、目に見えないものは信じません。「病は気から」知ってます?『氣とは何か? (NHK books)』という本にバイオフォトンと「氣」の関係を証明しようとした国家プロジェクトがあり、バイオフォトンが「氣」であることは、この実験結果からも明らかとしています。又、生物の「生(いのち)とは、その細胞がバイオフォトンの(吸収と放出)を始めることであり、「死」とは、細胞からバイオフォトン「氣」が消失した状態だと考えています。』

※「氣」とは「米こめ」エネルギーが八方に広がる。中国思想、中医学などの用語。
※フォトンとは「光子エネルギーを包括した超極小の粒子で宇宙に充満しています。」

PDPテクノロジーが生んだ究極のヒーリングドーム

日本発!世界が認めたプラチナダイヤモンドフォトン 世界38ヵ国で特許取得!

■プラチナダイヤモンドドームⅡ

世界の第一線で活躍する研究者

PDP製品を使った実験は、免疫学の世界的権威、マンドゥ・ゴーナム博士(UCLA/DREW医科大学教授)やナノテクノロジーの第一人者ジェームズ・ジムゼウスキー博士(UCLA科学学部教授)によって行われており、世界的な学会や学術誌で発表されています。

PDPテクノロジーがもたらす究極の「美」と「健康」

先進の技術によって開発された機能性素材「プラチナダイヤモンドフォトン」優れた温熱機能は直接プラチナダイヤモンドフォトンのエネルキー源となって相乗効果を生み出し、上半身から足裏までドーム全体から光のシャワーとなって降り注がれます。適度な発汗を促すほか、単なる温熱効果にはない「光」のパワーがこれまでにない究極の癒しを提供し、「美」と「健康」をサポートします。

プラチナダイアモンドフォトン(PDP)

プラチナダイアモンドフォトン(PDP)とはナノP+ナノダイアモンドDから放射されるエネルギーは『生命の光』は生物に有効なさまざまな働きをします。一部の免疫細胞の働きを高め免疫力をアップさせます。高エネルギーを安定して放射。遠赤外線の波長4〜14μメートルの生育光線、変換し、増幅、放射する。「気」のエネルギーをもつPDPを繊維化、セラミック化することにより、寝具、衣料、下着、美容健康機器などあらゆる製品に応用可能です。

プラチナダイアモンドフォトン(PDP

高エネルギーを安定して放射

静電気などの摩擦エネルギーや、人体から出る赤外線、その他のあらゆる波長域のエネルギーを吸収し、安定した波長域のエネルギーへ変換・増幅して放出します。この増幅された光を"バイオフォトン(BIOPHOTON)"と名付けています。

生育光線 図1

生育光線とは

遠赤外線と他の赤外線、近赤外線、中間赤外線との大きな違いは、遠赤外線だけが物質に吸収される光線です。それだけではなく、そこで熱反応を起こします。遠赤外線のなかでも最も人体に有益な働きもたらすのが、4〜14μmの生育光線。この生育光線含んでない遠赤外線は意味を持ちません。身体に照射されると何とも気持ちがいい柔らかな温かさを感じることができます。それは身体の表面で跳ね返るのではなく、奥深いところまで吸収されて、「生命を育む光」として作用するからだ。

■生育光線 図2

施術内容

太陽光の中に含まれる遠赤外線「生育光線」に注目し、それを増幅・放射する機器を開発したR社が欧州を中心に発展・実践されてきました。 太陽のフォトン(光子)とは電磁場の相互作用に由来する素粒子の一種です。「光は最も身近な見える素粒子」です。素粒子とは物質又は場(宇宙)を構成する小さな粒子、陽子・中性子・パイ中間子・電子などです。この機器と当社にて開発・研究した糖鎖サプリと「ほんもの食材」を利用した健康システムを開発しました。

当施設は難病お困りの方の為に開設します。

◆ 永年、病院での治療を受けているが、治療効果が現れない方
◆ 現在、ガンを患っておられる方
◆ 慢性の病気で、治る見込みが少ないと言われ諦めている方
◆ 難病と診断され治療中だが徐々に悪化しておられる方
◆ 辛い症状は有るが、高齢だから仕方ないと諦めておられる方
◆ 現代医学では治らないと言われ、対症療法だけではどうにもならない方
◆ 現在の健康を維持、又はより健康になりたい方
◆ ダウン症等の先天性の異常で諦めておられるご家族の方

当施設は、以上の様な状態で困っておられる方々に、誰もが生まれながらに持っている力、即ち身体自身が異常を見つけて直そうとする力 自己治癒力・恒常性維持機能 治癒系の機能を治癒へと向かわせる事が目的です。勿論、病院で受けられる治療もそのままでも結構です。

新規の方向けキャンペーン実施中

キャンペーン内容

通常16,500円⇒8,500円
フォトンドーム+糖鎖サプリ+(施術)
予約制のため、ご連絡下さい。

■1. 光子・フォトン機器にて生育光線増幅、専門施術

■2. 細胞を活性化する糖鎖サプリの提供併用指導

■3. ほんもの食材宅配・オルターとの提携

■ご予約はラインQRコードから

フォトンドーム体験者の声

■C&P Labがオープンして1週間!早速いろいろな体験の声が届いています!!

【激痛から】 元近鉄バッファロー村田辰巳投手のレポート


2022年5月25日右肩強打から翌日ライフウェーブの「光線療法機器」(パッチ)を貼り、午後からは免研アソシエイツの「プラチナダイヤモンドフォトン」ドームに入り回復を願った。

 一日経ったがかなりの効果が出たようで腕は上がるしリュックを肩に掛けると痛みで顔も歪んだ(元から歪んでるってか)のが嘘のように普通に担げたまだ全快とは言えないが60%〜60%までは回復だ

 まだ今日も手当てをせにゃならん医者は安静と言うが「死ぬこと以外はかすり傷」(笑) 自己治癒力こそ最高の特効薬幹細胞を活性化させなおかつ増殖までしてくれるという世界特許の医療機器には感謝だまだ多少の痛みや違和感あるけど信じる者は救われる。5月29日のコンペに参加できました。

T田さん 女性 60代

足腰がしびれて手押し車を押して生活しています。リウマチ膠原病の疑いで病院の先生からは手術が必要です。と言われていますが手術には踏み切れずにいました。
 今回、知人に紹介されてフォトンドームに入ってみました。ドームに入るとポカポカ暖かくて気持ちが良く眠りそうになるくらいでした。ドームから出て、談笑して、帰る際、部屋を出てトイレに行きたくなりました。廊下を歩いていると連れてきてくれた知人が「Tさん、普通に歩いているよ」と言われ自分でも「あ、本当だ」と気づきました。自分よりも知人が変化に驚いていました。
 3回フォトンドームに入りましたが今では自分で電車に乗ってラボまで通えるようになりました。

W村さん 男性 70代

 永年、肺気腫で病院に通っています。医師からは肺年齢は95歳ですと言われています。糖鎖サプリは2年前から飲んでいましたが今回、フォトンドームを体験しました。暖かくて気持ちが良かったので通常20分のところを10分延長してもらいました。
 身体が温まってほぐれたような感覚はありました。帰り道、いつもは歩くのは休み休みで呼吸を整えて歩いているのですが歩いても呼吸がしづらくなくスムーズに歩けました。

 自分でもちょっと驚いているので次回の肺の検査の前日にもう一度、フォトンドームに入って検査の数値がどうなるか試してみたくなっています。

T岡さん 男性 60代

 糖鎖サプリの開発に携わった関係で今回、フォトンドームを導入したという連絡を受けて体験しました。今は、自宅の土地に野菜を植えて農作業をしているので腰が少し疲れているかなという程度だったのでドームで温めたら少し良くなるかなと思っていた程度でした。ドームの体験後、立ち上がると腰は軽くなっていましたが、他にも変化している箇所がありました。

 永年、関節リウマチぽい症状で手をギュッと握ることが出来ずにグーにしても少し隙間が出来るような握りこぶししかできませんでした。ところがドームから出た後、ギュッと握ることが出来たのです。改善の期待のしていない箇所でしたが変化があり驚いています。

■72歳の女性、

 付き添いの方と杖を突き歩行も困難な様子の方、来院にてフォトンセラピーを受ける。両者とも初体験、約30分の利用、男性は指が大変スムーズに痛みもなく握れるように指関節が柔軟になりました。
 ビックリ仰天。又、女性の方は殆ど介護者なしでは歩けない人でしたが、終了後、治療法をいろいろとお話ししました。気分が良さそうで顔色もよく明るい表情となっていました。

 帰る前にお手洗いと部屋を出られましたが私共も心配で後を追って行ったところ、杖遣いも殆どなく歩いてトイレに向かっていました。
 杖もなしに1人で向かっているのです。ビックリしましたが本人も何で歩けるのとニコニコしていました。
 みんなビックリ仰天・・・「フォトン(光子)とは光の粒子で物理学における素粒子の一つです。太陽には生育光線が含まれており当機器内臓のプラチナ・ダイヤが増幅・放射してフォトン放射します。また、光はエネルギーも包括。

■関戸正江さん(愛知県・66歳)

 きっかけは夫のぎっくり腰私は7人きょうだいですが、小さいころから一番身体が弱く、すぐ寝込んでいたものです。「小さくて痩せていて、この人これで生きていけるのかしらと、ずっと心配していた」姉はいつも言います。
 でも今は、きょうだいの中で一番元気かもしれません。そんないつも元気でいる私の様子を見て、「私も」「私も」と、きょうだい全員がPDP製品を購入するようになりました。夫は以前から心筋梗塞を患い、毎日のように発作を起こしていました。加えてぎっくり腰で苦しんでいたとき、PDP製品の愛用者だった先輩に誘われて、夫婦そろって岐阜県の郡上八幡の先輩の家まで出掛けました。

 先輩は、夫のからだを気づかって、PDP製のブランケットやPDP製温熱器などを体験させてくれたのです。しばらく試していると、外に停めてあった車が通行のじゃまだったらしく、クラクションを鳴らされてしまいました。驚いたのはその時です。夫は、「はい!」と身軽に立ち上がり、さっさと外に出て車を動かしたのです。ついさっきまで、腰が痛くてやっと歩いていたのがうそのよう!ちょっと試しただけだったのに、その効力を目にした私たちは、PDPを使うようになりました。その後は、気がついたら心筋梗塞の発作もおきていません。

■ゴールデンウィークに広島から夫婦でフォトンセラピーを受けに来られました!

 今日は広島から予約されたK夫婦が『バイオフォトンセラピー』を受けに来阪されました。奥さんの症状は、長年の慢性湿疹の皮膚病でした。急に17歳から全身湿疹が発症し、ステロイドを利用され一時的には改善に向かったのですが、病院に通ったら塗る薬と飲み薬もずっと飲まされていました。
 ひどい時2回も入院されました『糖鎖サプリ』はその治療に疑問が出来たころ飲み始めました。今は湿疹が一応治ったけど背中はいつも痒いです。今日はフォトン実施30分すると今はあまり痒くならなくなった心地良くて頭も入りたいくらいで、痒みが収まりドームから出たくない気分になりましたと・・・。約 10 分延長しました。そしてご主人様もお試しにと約30分『フォトンセラピー』を受けられました。清々しい気分になったと喜んでいられました。お帰り時には「今日は今までにないスッキリした良い時間を持つことが出来ました」とお礼を言ってました。山本会長に感謝と・・・
K夫婦は満足できて広島へ帰られました。

■ご予約はラインQRコードから

サロン店内

■店内1

■店内2

■店内3

■店内4

■店内5

アクセス

電車でお越しの方へ

「Cell & Photon Medical Science Lab」へは、Osaka Metro 「堺筋本町」、「谷町四丁目」駅の各駅からお越しいただけます。

Osaka Metro 堺筋線

堺筋本町駅 5番出口より徒歩 約9分

Osaka Metro 中央線

堺筋本町駅 5番出口より徒歩 約9分

Osaka Metro 谷町線

谷町四丁目駅3番出口より徒歩 約6分

マップ

所在地

■C&P Lab 一般社団法人免研アソシエイツ協会
■住所:大阪市中央区内本町2-3-8・906
■お問合せ先:06-6910-0002
■営業時間:10:00〜20:00(不定休)

ご予約

当店は完全予約制となっております。
お手数ですがご来店の際は、事前にご連絡をお願いいたします。

お電話・メールでのご予約

06-6910-0002 (受付時間:10:00〜17:00)

Mail:info01@menken-cam.com

ラインでのご予約

■ご予約はラインQRコードから

■トップページに戻る